コロナと体重と痛み|千葉市中央区のスポーツ整形外科

コロナと体重と痛み

こんにちは。

理学療法士の鎌塚です。

コロナウイルスによって外出機会が減って
体重が増えたと患者様からお話があります。

体重が増えると、関節にかかる負担が増えるため
膝関節や股関節の痛みの原因にもなることがあります。

 

 

人が平らな所を歩くときにかかる膝への負担は
どのくらいかご存知でしょうか?

一般的には体重の2~3倍と言われています。

 

つまり、体重が増えると、それだけ、膝にかかる負担も
増えるため、痛みに繋がりやすいのです。

 

それでは、もし、体重が増えたことで膝に痛みが出た場合
どの程度、体重を減らした方が良いのでしょうか?

 

研究文献によって、さまざまですが
一般的には10~20%減らすと、痛みに効果的であると
いう報告が多いです。

 

ダイエットに関しては
当スタッフの藤ノ木先生がブログで紹介してくれているので
参考にしてみてください。

筋肉は1日にして成らず。

以上、今回はコロナ禍の影響による悩みである
体重とその痛みに関して紹介しました。

体重が増えて、痛みが増したという方は
まずは10%の体重減少を目指して頑張りましょう!

鎌塚

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.