リハビリテーション科

リハビリテーション科について

リハビリテーション科は、病気やけが、加齢、手術などによる運動機能障害を回復させる訓練を行う診療科です。

理学療法(物理療法)や運動療法によって運動機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目指して、訓練を行います。
日常動作を差しさわりなく行うためのリハビリ、また疼痛軽減・再発予防、再受傷予防のための柔軟性や筋力の維持・増進、体重管理などの指導も行っております。

リハビリテーション内容

運動療法

チューブトレーニング

ゴムチューブを使用して筋力トレーニングを行います。ダンベルやマシンを使うトレーニングに比べ、筋肉や関節へ急激な負担を抑えることができます。

ボール挟み

椅子に座り両足でボールをはさみます。主に、太ももの内側と外側の筋力トレーニングに用いられます。

ウォーターバッグ

水と空気が入った円柱形のバッグを持ち、水の不規則な揺れを平行に戻そうとすることで体幹を鍛えることができます。

パワープレート

毎秒30Hzの振動をおこし、1.8g(重力の1.8倍)の負荷を与えるマシンです。より効果的なストレッチ、トレーニング行うことが出来ます。

物理療法

低周波・干渉波・牽引療法・超音波・超短波・マイクロカレント療法・鍼治療・AKA・ストレッチを用いた治療を行います。
その他、各種テーピング、院長による関節ヒアルロン酸注射等の注射、骨粗しょう症の検査・治療等も行っております。

スポーツ競技者のリハビリ

医療機関におけるリハビリテーションとは、多くの場合日常生活レベルまでと考えられています。しかしプロ・アマチュア問わずスポーツ競技者にとっては日常生活に支障が無くても、競技に復帰するまでリハビリを続ける必要があります。
スポーツ競技復帰の為のリハビリテーションをアスレティックリハビリテーションといいます。

アスレティックリハビリテーション

診療のご案内

整形外科

骨や関節、筋肉といった運動器の障害を診断・治療します(関節の痛み、背骨・手足指の変形、関節の腫れ・痛み・しびれ、骨折・捻挫などのケガ、骨粗鬆症等を診断・治療します)。

リハビリテーション科

怪我などで低下した身体機能を本来あるべき姿へ回復させる働きがけを行います(理学療法・物理療法、トレーニング指導、マッサージ治療等)。また、スポーツ選手の競技復帰を目標にしたアスレティックリハビリテーションも行います。

スポーツ整形外科

スポーツ活動によって生じたケガを診断・治療します。競技種目や競技特性などを考慮し再発防止・競技力向上を含めた治療・リハビリテーションを提案します。

アスレティックリハビリテーション

怪我からの早期復帰、怪我の予防、パフォーマンスの向上を目的として、スポーツ選手にリハビリテーションを行います。

お問い合わせ

【受付時間】8:30~19:00
※土曜午後、日祝休診

TELお問い合わせページトップ

お気軽にご相談
お問い合わせください

043-255-0061
0120-910-067

【受付時間】8:30~19:00 ※土曜午後、日祝休診

診療時間 日・祝
9:00〜12:00 /
15:00〜18:00 / /

土曜午前の診療は8:30~12:30となります。
※リハビリテーション・各種治療につきましては平日は19:00、
 土曜日は13:00まで受付しております。

【休診日】土曜午後、日曜、祝日