トピックス

スタッフブログ

この時期つらい花粉症

今回はセラピスト(鍼灸師・マッサージ師)の篠﨑が担当します。

 

2月下旬を迎え、少しずつ春の訪れを感じるこの時期ですが

花粉症の方にとってはとてもつらい時期がやって来ます。

 

そこで、今までも紹介させていただいている「食養生」の観点から書かせていただきます。

 

花粉症を東洋医学的な観点で見ると

外邪が体内に侵入することによっておこるアレルギー反応です。

また、体内に余分な水分が蓄積している人や、体内の水分の循環が悪い方(水毒体質)が、

花粉症になりやすいといわれています。

その様な人の口や鼻、気管などの粘膜の部分は、分泌物の材料(余分な水分)が多い状態になっています。

分泌物が多く生産されるので、結果的に多量の鼻水が出たり、鼻づまりが生じたり、気管を刺激してくしゃみも出やすくなります。

※考え方は諸説あります

 

食養生のポイント

「気」を補い、免疫力をアップさせる!

 

冷えが原因:水っぽい鼻水が出るタイプ

体を温める作用の持つ食材

・ネギ

・生姜

 

熱が原因:粘り気のある鼻水が出るタイプ
熱を発散させ循環を良くする食材

・ミント

・柑橘系

 

解毒力アップ

・せり

・菜の花

・キャベツ

 

避けたいもの

アルコールや油っこいもの、甘いものの摂り過ぎには要注意です!

 

 

これらを上手に取り入れて、つらい花粉症を乗り越えましょう!!

 

お問い合わせ

【受付時間】8:30~19:00
※土曜午後、日祝休診

TELお問い合わせページトップ

お気軽にご相談
お問い合わせください

043-255-0061
0120-910-067

【受付時間】8:30~19:00 ※土曜午後、日祝休診

診療時間 日・祝
9:00〜12:00 /
15:00〜18:00 / /

土曜午前の診療は8:30~12:30となります。
※リハビリテーション・各種治療につきましては平日は19:00、
 土曜日は13:00まで受付しております。

【休診日】土曜午後、日曜、祝日