夏前からの熱中症対策|千葉市中央区のスポーツ整形外科

夏前からの熱中症対策

こんにちは。

理学療法士の本城です。

 

もう少しで梅雨が明け、暑い夏がやってきますね

皆さん、夏前からの熱中症対策はされていますか?

今日は、暑くてもバテづらい体作りについてお話しようと思います!!

 

熱中症対策で大切なのは水分筋肉です!!

 

水分については知ってると思われる方も多いかと思います。

身体の冷却機能として、血液循環により体温を低下させる機能があります。

そのため、水分不足は循環の低下により、十分な冷却機能が発揮されず熱中症になりやすくなると言われています。

 

また、成人の場合、身体の約60%が水分と言われており、その中でも、40%以上が筋肉に蓄えられているのです。

そのため、筋肉量の低下、筋肉が硬い人は、筋肉に水分の貯蓄が行えないため水分不足に陥りやすいのです。

 

なので、熱くなる前からの水分補給とストレッチが大切になってくるのです!

水分補給の目安は、1日当たり2リットル程度と言われているので、運動時を除き2リットルの水分を取るように心掛けましょう!!

 

今のうちから準備して、これから来る暑い夏を一緒に乗り越えていきましょう!!

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.