春の食養生|千葉市中央区のスポーツ整形外科

春の食養生

おはようございます!

セラピスト(鍼灸マッサージ師)の篠崎です!!

今日3月17日は暦の二十四節気では「彼岸」です。

彼岸とは春分の日を中日にして、前後3日間が春のお彼岸です。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、冬の寒さも解消し春の暖かさを感じる今日この頃ですね。

さて、今回は春の食養生にいついてお話します。

東洋医学的に、春は「肝」と関係が深く、新陳代謝解毒作用に働きます。

冬の間にためこんだ不要な物を、体外へ排出することがポイントになります。

山菜などの「苦味」のあるものには便通を良くする作用があり、

山菜には食物繊維も豊富で腸をきれいにしてくれます。

旬を迎えるタウリンが豊富な貝類木の芽うどふきなど香りが良いもの、

菜の花ニンジンなどカロテンが豊富なもの、

柑橘類など「酸味」のあるものには、「肝」の働きを助ける作用があります。

ただし、胃腸の弱い方は「酸味」の摂りすぎには要注意です!

春はイライラしたり、自律神経のバランスが崩れやすい時期です。

香りのある食材を摂ったり、運動したりして気を巡らせることが重要です。

「肝」の働きを高めて爽やかな春を過ごしましょう。

春のおすすめ食材

山菜・木の芽・うど・ふき・菜の花・人参・筍・わけぎ・キャベツ

鯛・ハマグリ・苺etc…

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.