1月の食養生|千葉市中央区のスポーツ整形外科

1月の食養生

こんにちは!

年末年始、地デジが映らず退屈な正月休みを過ごしていた

篠崎が担当いたします!!

 

前回のブログでは

11月の食養生について書かせていただきました。

 

今回は1月の食養生について

 

1月は暦では「小寒」と「大寒」の2つの節気があり、日毎に寒さが増していきます。

寒さによる冷気は、

「寒邪」となって体内に入り、

風邪や関節の痛み、手足の冷え、

胃腸不調などの症状を引き起こしやすくなります。

そのため、「陽気」を補う

体を温めるものや滋養強壮に働くものをとることがおすすめです。

 

 

東洋医学的にみると

1月は「腎」が弱くなりがちです。

腎は、生命活動を行うための基礎的なエネルギーである「精」を貯蔵する臓器です。

腎が衰えると免疫力が低下しやすくなってしまうため、腎を養生するものを食べることがポイントです。

 

おすすめの食材

羊肉

羊肉には、体を温める作用があり、冷え性や貧血などの改善につながります。

腎を補う作用もあるためおすすめ。

L-カルニチンが豊富に含まれています。

カルニチンは、脂質の代謝を促す働きがあるため、脂肪燃焼につながります。

 

ねぎ

ねぎは、辛味のある食材なので気の巡りや血行を促進する働きがあります。

また、消炎や解熱の作用があり、寒気を伴う風邪などの症状緩和におすすめです。

ねぎ特有のにおいは、アリシンによるものです。アリシンは、殺菌効果や血行促進、疲労回復、食欲増進などの働きがあります。

 

その他の食材

黒い食材は腎を養うとされているので、

黒ゴマ・黒きくらげ・こんぶ・黒米・黒豆等がおすすめ。

また、エネルギーを補充して身体を温めてくれる、人参・大根・いもなどの根菜類、米や麦、生姜・ニンニク・にら・かぼちゃなどもお勧めです。

 

これらの食材を上手に取り入れ、

寒さに負けず、

風邪にも負けず

コロナにも負けない丈夫な身体で

この冬を乗り切りましょう!

春が待ち遠しいですね

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.