スポーツ整形外科|千葉市中央区のスポーツ整形外科

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは

スポーツ特有の怪我は、スポーツ医学を学んだスポーツ専門医に診断治療を任せましょう。
アマチュアから、プロスポーツまで、また、競技の種類によって最善の治療を選択します。
これくらいなら大丈夫だろう、痛くても根性でがんばるのがスポーツだ、等の自己判断やコーチ、先輩の昔ながらの根性論は危険です。まずは、ご相談ください。
早期診断早期治療が結局はスポーツ復帰への一番の早道です。

スポーツ整形外科は大きく二つの治療に分けられます

  • スポーツ障害

    テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、テニスレッグ、ジャンパー膝、ランナー膝、平泳ぎ膝など、スポーツの名前やスポーツ動作の名前がついたものが多く見られます。一度の外力で生じる怪我ではなく、スポーツ中の繰り返し動作で生じるもので、予防が肝心です。

  • スポーツ外傷

    スポーツ中に一度の大きな外力により生じた怪我のことで、突き指、脱臼、捻挫、骨折、靭帯損傷などのアクシデントによる怪我のことをいいます。スポーツ障害と違い発生の予防は困難ですが、くせになり再発を繰り返してしまう場合も多く見られるので、早期の復帰と再発防止に向けた治療が求められます。

治療以外のサポート

当院は怪我を治療するだけではなく、アスリートの為のトータルサポートを行いたいと考えております。

競技復帰へのサポート

望ましい生活、望ましいスポーツ復帰を目指してよいリハビリテーションをしましょう。
当院はアスレティックリハビリを行っております。

アスレティックリハビリを詳しく見る

スポーツ傷害の予防

スポーツ傷害がおこらないようにフィットネスの向上、体力づくり、柔軟性の向上などをお教え致します。
疲労を早く改善させるような種々の理学療法的 手法を教えます。

スポーツ活動のアドバイス

一流選手をめざす活動、健康増進のためのスポーツ、友達と楽しく過ごすスポーツなど多様なスポーツに正しく対応できるようにアドバイス致します

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.