医院案内|千葉市中央区のスポーツ整形外科

医院案内

院内風景

鍋島整形外科は2016年にリニューアルオープンいたしました。増設した新しい医院で皆様のご来院をお待ちしております。

設備紹介

1F(診察室、検査室)

  • X線X線の透過性を利用し体内構造によって生じる差をフィルム上にコントラストとしてとらえ、画像として観察する検査です。
  • MRI磁気を使って検査を行います。靭帯・筋肉・出血・軟骨の精密な検査が可能です。

2F(診療室)

  • 低周波治療器筋肉の収縮や一部の神経を興奮させることで神経の痛みの伝達を阻害し、痛みを緩和させます。
  • マイクロ波機器マイクロ波を利用した温熱療法を行います。照射された患部をじんわりと温かく
  • 牽引装置適度な力で繰り返し首を引いたり戻したりする牽引治療に使用します。患部周囲の筋肉が弛緩し、患部のリラクゼーション効果が期待できます。

3F(トレーニングルーム)

  • クライム階段の昇り降りを繰り返すような運動を続けるマシンです。
  • パワーマックス無酸素パワーとスピード持久力の向上を図る、効果的にパワーを向上させるトレーニング機器です。
  • パワープレート毎秒30Hzの振動をおこし、1.8g(重力の1.8倍)の負荷を与えるマシンです。より効果的なストレッチ、トレーニング行うことが出来ます。
  • トレッドミル屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具です。
  • エアロバイク自転車型有酸素運動器具。座って運動するため関節にかかる体重による負荷が少なく有酸素運動が行えます。

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.