アスレチックリハビリ|千葉市中央区のスポーツ整形外科

アスレティックリハビリテーション

アスレティックリハビリテーションとは

アスレティックリハビリテーションとは、スポーツ選手に対するリハビリテーションで、怪我からの早期復帰、怪我の予防、パフォーマンスの向上を目的として行われます。
当院では、スポーツ現場でのトレーナー経験のあるスタッフが、選手の身体の状態、動きのクセ、競技特性を分析し、その選手に必要なトレーニングプログラムを作成します。
また、「健康を維持したい」「生活機能を上げたい」という患者さまへのメディカルリハビリテーションプログラムも作成しております。

代表的な障害

スポーツ時の外傷および“使いすぎ症候群”といわれる慢性的な痛みを有するスポーツ障害のある方が対象です。

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • 平泳ぎ膝
  • 腰、膝、足、その他使いすぎによる慢性時痛など

競技復帰までの流れ

整形外科医の診察を受け、リハビリ可能と診断されれば競技復帰の為のリハビリスタートです。
また、リハビリ時期の再発防止・回復状態の確認の為、定期的に整形外科医の診察を受ける必要があります。

復帰プログラムの作成

どのようにして怪我をしたのか、過去の怪我など問診します。また、ボディバランスや動きのクセ、柔軟性をチェックし、二次的な痛みの原因などを探っていきます。
それらのデータをもとに各アスリートに合った復帰までのプログラムを作成し、リハビリを進めていきます。もちろん、競技によって必要なトレーニングも違いますのでジャンプやダッシュなど、スポーツに必要な動きを正しい身体のバランスで行えるように指導していきます。

基礎筋力の向上

スポーツを行う上で、しっかりとした身体(土台)に必要な筋力・瞬発力・筋持久力・平衡性・敏捷性・柔軟性を総合的にトレーニング指導します 。

運動能力の向上

スポーツに必要な動作は全て上半身・下半身の連動運動です。連動運動をスムーズに行うために身体の柔軟性・基礎筋力・力の伝達を指導します。

障害予防

スポーツ障害の予防には正確なフォームが必要不可欠です。フォームが崩れると怪我をするだけでなくパフォーマンス力も落ちます。また、怪我をした選手に対しても正確なフォームを指導し、早期の現場復帰・再発防止を目指します。

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.