天候の変化|千葉市中央区のスポーツ整形外科

天候の変化

こんばんは
理学療法士の小松です

最近、天気の変化がすごくないでしょうか??
ある日は20度を切り、ある日は30度を超える・・・
今週末は33度と予報が出ていますね。
これだけ気候の変化があると体もついていきませんね

ところで皆さん「天気痛」という言葉聞いたことはありますか?

雨が降ったり、台風が近づくと体調不良を起こす”あれ”です!
天気痛というと主に
・頭痛
・めまい
・首肩こり
・耳のトラブル
・関節痛(古傷)
などが挙げられます。

天気痛=低気圧と思われがちですが
実は気圧の変化で起こっているのです。
気圧の変化によって影響を受けるのが
1 内耳
2 脳の過敏性
3 自律神経 です。

私も強い偏頭痛持ちですが、辛いですよね
本当にひどい時には鎮痛剤を服用しています。
単純に気圧の変化を受けて調子が悪いという事もありますが
体の不調によって痛みや不快感が増悪する事もあります。
体の健康状態も大切という事ですね。

秋は台風も多い季節ですし、冬になれば
気温低下に合わせて筋肉も硬くなりやすいです。
体の不調にはすぐ気づき 早めに対策を取りましょう!
気候の変化にうまく対応し、体調崩さず生活しましょう。
以上、小松でした。
また、次の投稿もお楽しみに!!

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.