所属団体においてコロナウイルス陽性者が出た場合における当院の対応について(再掲)|千葉市中央区のスポーツ整形外科

所属団体においてコロナウイルス陽性者が出た場合における当院の対応について(再掲)

この度、昨今の新型コロナウイルス感染拡大において当院に来院される患者様の所属団体(学校や職場、所属クラブやサークルなど)に新型コロナウイルス陽性者が出た場合、以下のように対応して下さると幸いです。

 

□所属団体(学校や職場、所属クラブやサークル等)においてコロナウイルス陽性者が出た場合

基本的には各所属団体の意向に基づいて対応して下さい

 

例)・所属学校にて陽性者、学校の意向で休校措置(自宅待機)となった場合

・所属クラブやサークルに陽性者が出たことで活動が中止になった場合

休校措置(自宅待機)の解除または活動が再開されるまでは来院を控えて頂くようお願い致します

・所属学校にて陽性者が出たが、学年が異なるため、該当学年のみ学年閉鎖(自宅待機)となった場合

濃厚接触とならないため、来院は可能です

・所属学校にて該当学年ではないが、所属している部活動に陽性者が出た場合

学校の意向および所属している部活動の意向を確認していただき、自宅待機とならなければ来院は可能です

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴い来院される患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

また、確認事項などがあれば当院スタッフにお声がけください。

 

医療法人社団 ヘルスアンドスポーツ会 鍋島整形外科 院長

                    鍋島和夫

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.