こむら返りについて|千葉市中央区のスポーツ整形外科

こむら返りについて

こんにちは。
理学療法士の鎌塚です。

今回は「こむら返り」について原因と予防について紹介したいと思います。

寒い日が続いて、足がつりやすくなった方も多いのではないでしょうか。

足がつる場所で多いのが「ふくらはぎ」だと言われています。
ふくらはぎのことを「こむら」と呼ぶため、足がつることを
「こむら返り」とも呼ばれます。

こむら返りの原因とは?

こむら返りの原因は様々ありますが
基礎疾患を除けば脱水や電解質の変化筋肉の疲労血流障害
が要因の場合があります。

汗をかくことで体の電解質のバランスが崩れて筋肉への指令が
上手く伝わらずに足がつりやすくなります。

 

こむら返りの予防とは?

電解質のバランスの崩れを予防するために
寝る前にスポーツ飲料などを通して水分補給塩分補給をする
ことが効果的です。

夜間にトイレが近くなるからと水分を控えている方も
こむら返りで悩んでいる方がいたら水分摂取をして
頂ければ思います!

また、血流障害や筋肉の疲労も関わっているため
血流を良くするためのストレッチや筋肉のマッサージも
手軽に出来る予防法のため、ぜひ寝る前におこなって
もらえればと思います。

こむら返りが長期に続く場合は基礎疾患の影響もあるため
詳しく調べる必要がありますので注意が必要です。

 

今回は「こむら返り」について説明させてもらいました。

まとめると
・こむら返りの原因は基礎疾患を除けば、脱水や電解質の変化、筋肉の疲労、血流障害
が挙げられます
・予防は水分・塩分補給、ストレッチ、マッサージがあります

症状が続く方は、漢方などで対処する方もいるので
悩んでいる方がいればスタッフに相談して頂ければと思います。

以上、今回は「こむら返り」についてでした。
鎌塚

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.