無でいることの大切さ|千葉市中央区のスポーツ整形外科

無でいることの大切さ

こんにちは

理学療法士の小松です

 

今日は最近ハマっていることを紹介します。

それは、自分がぼーっと無になる時間を作ることです。

忙しい毎日を過ごしていると意外と無になる時間って少ないですよ!!

無になるって何が思い浮かびますか?

・音楽を聴く

・映画を見る

他にも人それぞれあると思います。

 

私が行っているのは「瞑想」と「氷作り」です。

 

まず一つ目の瞑想は色々と種類はあるのですが

私は睡眠瞑想で寝る前に布団の中で行います。

行っている途中で毎日、寝落ちしてしまいますけれどそれでいいんです!

一日の振り返りにもなりますし、睡眠の質もグッと上がりますよ!

 

二つ目の氷作りは

一枚氷を買ってきて、アイスピックを使ってバーのような氷を削り出します

その氷で飲むハイボールが最高に美味しくてついつい飲みすぎてしまう・・・笑

氷を削っている時間ってすごく夢中になって何時間でもやれるんですよ!

YouTubeでもやり方とかあるのでお酒好きの方は是非やってみてください。

 

毎日せかせかと生活していると無になる時間ってすごく少ないけれど

たまにこういった時間を作ると、運動等とはまたちがう

リフレッシュができていいですよ!

ぜひ皆さんも自分と向き合う時間作ってみてください。

 

それではまた次のブログお楽しみに!

 

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.