天気と痛みの関係|千葉市中央区のスポーツ整形外科

天気と痛みの関係

こんにちは !

理学療法士の鎌塚です!

梅雨の時期になり天気の影響で

関節が痛む方もいるのではないでしょうか。

このような症状は「気象病」と呼ばれています。

今回はそんな天気と痛みの関係について

お伝えしたいと思います。

気象病による痛みの原因のひとつは

気圧の低下による自律神経のアンバランス

だと言われています。

気圧の低下により交感神経が刺激

されて痛みや頭痛が起こると言われています。

そのため改善方法や予防としては

自律神経のバランスを整えるために

①睡眠時間の確保

②適度な運動

③バランの良い食事

④お風呂に入るなどして身体を温める

などで交感神経のバランスを整えて

血流を良くしてあげるのがポイントです!

 

一緒に梅雨の時期を乗り越えましょう!

 

以上、今回は天気と痛みの関係について

お伝えしました!

 

鎌塚

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.