バスケ+私=現在 #1|千葉市中央区のスポーツ整形外科

バスケ+私=現在 #1

ご無沙汰しております。

バスケと出会ったのは小学4年の学年末、いとこの誘いで始めたのがきっかけでした!

5年になり初めてのユニホームは11番 いまだにこの番号は大好きです(。>∀<。)

中学になり2年の秋だったのか、忘れましたが朝練で左膝を捻りました。当時のMRIは時間がかかり、1時間くらい検査台に寝て挙げ句の果ては診察にて「少し動いてしまったからはっきり分からないね〜」と言われたのを覚えています。内側側副靱帯(MCL)損傷…しばらくして痛み腫れも引き、バスケに復帰しました。

その後も体育の幅跳びの着地やバスケの動きで膝がガクンとなる症状を繰り返していました。損傷している部分があるから仕方ないのだと思っていました…

高校に入りバスケ部に入部

5月26日だったと思います。ターンの際あの膝が崩れる感じが起きました。動けませんでした。。。

そして顧問の紹介で鍋島整形外科を受診

下された診断は前十字靭帯(ACL)断裂→手術しないとバスケは無理と言われ大泣きしたのを覚えています。

職場との出会いは怪我がきっかけでした!!笑

手術が必要となった私のその後の決断は…次回へと続きます。

 

新井

 

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.