僕も長ぐつが大好きです|千葉市中央区のスポーツ整形外科

ブログ

僕も長ぐつが大好きです

サワディ!僕もながぐつが大好きです。明日晴れるといいですね!
こんにちは、理療スタッフの松井です。
自分2000年~2010年までスペインでRCDエスパニョール(バルセロナ)というサッカーチームで仕事してました。30代全てをスペインで過ごし、帰国し6年が経ったにも関わらずいまだにスペイン人!と“事務長”(この人に逆らうとここではやっていけません)にからかわれてます。

一応サッカー?が好きなのですが、、、今4年に一度EURO事ヨーロッパ選手権が開幕しました。住んで居た国スペインは2008年、2012年と2連覇をしています。(2010年はW杯優勝)ヨーロッパではワールドカップ以上に盛り上げるイベントです。
少しだけスペインと言う国について書きたいと思います。

スペインは4つの言語、カステジャーノ語(標準スペイン語)、カタルーニャ語、ガリシア語、バスク語があり、各地域では民族意識が強く、スペイン人?と聞いても、いや俺はカタルーニャ人だ、、、俺はバスク人だ、、、とサッカーでもスペイン代表として一つになれない所がありました。あれはスペイン人の代表だろ?俺達の代表じゃない、、、みたいな感じです。

ご存じイギリスという国がイギリス代表というサッカーチーム(ラグビーも)がありませんよね?(イングランド、ウェールズ、北アイルランド、スコットランドの4つのネーションが代表)なぜ俺達もああいう風に、カタルーニャ代表、バスク代表、、、として出来ないのか、、、と常に言い合っております。

スペインの歴史上、1975年に独裁者フランコが亡くなるまでバルセロナがあるカタルーニャ地方やビルバオがあるバスク地方等は、独自の言語が禁止されており、その後公に話す事が許され、今ではそちらの言語がメインになってる所もあります。
カタルーニャ州のバルセロナや、バスク州のビルバオでは、いわゆる標準スペイン語(カステジャーノ)と独自の言語二つが表示されております。

カタルーニャのバルセロナでは、カタルーニャ語のTV番組、新聞があります。(日本で関西弁の番組、新聞はないですよね)
カンプノウ(FCバルセロナのスタジアム)やエスパニョールのスタジアムでの放送もカタルーニャ語、子供は小学校に行ってから標準スペイン語を習う、、、

無論、大人は皆標準スペイン語が話せ、その上でその地方の独自の言語、、、を話します。
なので、自分が居たエスパニョールのクラブ内では、基本的にカタルーニャ語がメインとなっていました、、、メディカルルームではカタルーニャ語での会話、専門用語、、、とスタッフにお前もカタルーニャ語を覚えろ、、、、と言われたものです、、(その語学学校にも行きましたが、、、)

まあただ、非常に陽気なスペイン人達、、、そんな連中達と30代の大切?な時期を10年過ごした訳で、今の自分がこんな感じなのは理解してもらいたいものです、、、事務長、、、
ながぐつが好きなあかねさんは理解してくれますよね?、、、

眠くなってきました、、、もう日付がかわりそうなのでこの辺で、、、

Buenas noches、、、

ページの先頭へ

© 2016 鍋島整形外科.